WordPressでカスタム投稿がエクスポートできない問題

WordPressでカスタム投稿がエクスポートできない問題

こんにちは。五平餅くんです。

Web制作でWordPressサイトを構築していたところ、ある壁にぶち当たったので、本日はそれを備忘録に残しておこうと思います。

まずは何が起こったのかの説明をします!

WordPress標準で使えるエクスポート機能が使えない

普段WordPressで記事を書いた後、それを本番環境やテスト環境など別のWordPressに記事を移すとき、WordPressが標準で用意してくれているエクスポート機能というものを使っています。

エクスポート機能を使うと、記事の情報が記載されたファイルがダウンロードでき、そのファイルを別のWordPressにインポートすることで記事を移すことができます。

エクスポートの対象となるのは、主に下記です。

  • 投稿(デフォルト)
  • 固定ページ
  • カスタム投稿タイプ(「実績」など。テーマにより異なります)
  • メディア(画像など)

今回は、「実績」というカスタム投稿タイプを作成しその記事を他のWordPressに移そうと考えました。

しかし、、、

カスタム投稿タイプがエクスポート対象にない

カスタム投稿タイプがエクスポート対象にないんです!

あれ?普段は使えてるのにな。。

原因はプラグイン「Custom Post Type UI」でした(多分最近のアップデートによるもの)

Custom Post Type UIは、管理画面からカスタム投稿タイプの追加や編集を行うことができるプラグインです。

通常、カスタム投稿タイプを追加するときは「functions.php」などに記載をするのですが、
管理画面から扱えるのが便利でよく使っていました。

おそらく最近のアップデートによるものですが、改めて確認すると、
カスタム投稿編集ページに「Can Export」という設定項目が追加されており、これをtrueにしないとエクスポートができなくなっています。

次に、Custom Post Type UIでエクスポートを可能にする手順をご説明いたします!

Custom Post Type UIでエクスポートを可能にする手順

まずはWordPressにログインし、下記の順番にクリックしてください。

「CPT UI」→「投稿タイプを編集」→その下の「選択:」で編集したい投稿タイプの名前を選択(今回の場合は「実績」)

CPT UIで「投稿タイプを編集」をクリック

続いて下の方の「設定」までいきます。

設定の中に「Can Export」という項目があるので、そちらを「真」(またはtrue)に変更します。

Can Exportを「真」に変更する

そして、「投稿タイプを保存」をクリックして完了です。

「投稿タイプを保存」をクリック

カスタム投稿タイプがエクスポートできるようになりました!!

カスタム投稿タイプがエクスポート対象になりました

まとめとプラグインバージョンなど

もしWordPressでエクスポートできず、Custom Post Type UIを使用されていましたら、ぜひ確認してみてください。

また、今回の内容におけるWordPressとプラグインのバージョンは下記になります。

WordPressバージョン:6.0

Custom Post Type UIバージョン:1.12.1

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

準備中です。